【WEB限定】 Louis ギフトに最適 Vuitton 大人気 ブラスレ・ブルーミング ブレスレット
【WEB限定】 Louis ギフトに最適 Vuitton 大人気 ブラスレ・ブルーミング ブレスレット
57777350-29025-egT
22,400円 56,000円

ギフトに最適 Louis Vuitton ブラスレ・ブルーミング 大人気(57777350)

モノグラム・リバース キャンバスのストラップでエレガントにアップデートしたブレスレット「ブラスレ・ブルーミング」。
光沢感のあるゴールドカラーのモノグラム・フラワーが、フェミニンな雰囲気を演出します。
細身のストラップを彩るスタッズには「Louis Vuitton」シグネチャーの刻印が施され、メゾンの精緻なクラフツマンシップを体現します。

こちらはルイ・ヴィトン直営店の商品となります。
付属品としてお箱・保存袋・ショッパーをお付けいたします。
またギフトラッピングもさせていただきますので贈り物としても最適です。
ご自身へのご褒美に、または大切な方へのお誕生日、記念日、お祝い、引越し祝い、就職祝い、成人式、クリスマスなどのプレゼントにいかがでしょうか。

●ご自身はもちろん、大切な方へのプレゼントをお探しの方はこちらにもございます。



●その他素敵なレディースアイテムはこちらにもございます。



●その他素敵なメンズアイテムはこちらにもございます。



ルイヴィトン(Louis Vuitton)はフランスのラグジュアリーブランド。
1954年に荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が世界最初の旅行鞄のアトリエとして「ルイ・ヴィトン」を設立

ルイヴィトンといえばLとVが重なったロゴマークのモノグラムを使用したアイテムを思い浮かべる方が多いかと思いますが、
モノグラムにはそれだけでなくカラフルなカラーや天然の革素材を使用したマヒナ、カーフレザーにモノグラムを型押ししたアンプラントなどのバリエーションもあります。
また、モノグラムと同様に鉄格子模様で人気ラインのダミエにも定番のダミエ・エヌベ、ダミエ・アズール、ダミエ・グラフィット、ダミエ・アンフィニなど種類も豊富です。
その他にもヴェルニ、エピ、初のメンズラインとして発表されたタイガなどのバリエーションも豊富です。
鞄の販売をメインとして始まったルイヴィトンですが、現在ではバッグ、財布、アクセサリー、スマートフォンケース、スニーカー、時計、プレタポルテ(洋服)等
レディース、メンズ共にたくさんのアイテムを展開しています。

【ご注文について】

●在庫は日々変動しております、大変お手数ですが在庫のご確認をお願いいたします。

●送料・関税込の価格でございます。

●正規取り扱い店、直営店より買い付けておりますので、ご安心くださいませ。

●万一のサイズ違いなどにも対応するお勧めプランです。(対象商品の場合のみ)
対象: 紛失補償、本物保証、不良補償など


【カラー】
 オレンジ系(モノグラム・リバース)

【サイズ】
 17cm/19cm

【製品仕様】
 ・ブレスレット
 ・素材:モノグラム・リバース キャンバス
 ・金具(色:ゴールド)
 ・モノグラム・フラワー
 ・スタッズにLouis Vuittonシグネチャーの刻印

水商売の語源は「水=安定性がない」から|4つの語源と風俗商売との違いも解説

知識

「私の職業は水商売です」そう聞いて”夜のお仕事”だと思ったそこのあなた!実はそれ、間違った解釈なんですよ!多くの方が勘違いしている水商売の本当の意味。それを知るためにも、今回は水商売の語源についてご紹介しましょう。世間で言われている水商売の語源は4つありますが、もっとも有力だと思われるのが「水=安定性がない=水商売」説です。他の3つの語源や、風俗商売との違いなどもチェックしてみてくださいね。

水商売の語源とは

冒頭でも説明したように、水商売の語源は4つあるとされています。それがこちら。

1:”水”は安定性に欠けるものだから

2:昔の芸妓や遊女を「泥水商売」「泥水稼業」と呼んでいたから

3:「水=元手がいらない」商売だから

4:休憩所を指す「茶屋」「水茶屋」が元祖だから

まずはそれぞれの語源について、1つずつご紹介しましょう。

【WEB限定】 Louis ギフトに最適 Vuitton 大人気 ブラスレ・ブルーミング ブレスレット サイズを選択してください:19

最初にご紹介するのは「水=安定性がない」説です。確かに水って安定性がまるでない物体ですよね。ほんの些細な刺激でも波紋が立ちますし、目に見えない隙間からでも漏れ出てしまいます。おまけに放置しておけば蒸発して消えてしまう始末。

そんな水から「安定性に欠ける職業=水商売」になったと言われているのです。他にも”水”と相通じる事柄がたくさんあるんですよ。

・人気の”浮き沈み”が激しい

・流行に”流されやすい”

・客の入りが”天気”に左右される

・”酒(水)”は原価と売価の差で利益を生み出す

このように水商売に関わる多くのものが「水」に通じるものだとされています。こうして見てみると、水商売の語源になったと言われるのも納得ですよね。

水商売の語源②:昔の芸妓や遊女を「泥水商売」「泥水稼業」と呼んでいたから

次に紹介するのは、キャバ嬢やホステスの原型とされる、昔の芸者の呼び名からくるものです。昔の芸者や遊女は「泥水商売」「泥水稼業」と呼ばれていました。

一説には”一見華やかに見えても仕事内容は泥のように汚れたものだから”なんてものもありますが、これは女性からするとあまり気分の良い言われ方ではありませんね…。

ただこの「泥水商売」「泥水稼業」と呼ばれていた職業は、芸者・芸妓・遊女・娼婦など、男性に”華を売る(身体を売る)”職業を指した言葉です。そう考えるとキャバ嬢やホステスではなく、性的サービスを提供する風俗嬢の方が合っている気がしませんか?

語源の1つとされているのだから否定するわけではありませんが、この「泥水商売・泥水稼業=水商売」説は、ちょっぴり腑に落ちない感じもします。

水商売の語源③:「水=元手がいらない」商売だから

水商売の語源3つ目が、「元手がかからない商売=水」説です。雨として降ってくる水・流々と流れる川・春になるとにじみ出る雪解け水など、確かにわざわざ用意せずとも世の中に水は溢れていますよね。

先ほどの語源②の芸者などはもちろん、キャバ嬢やホステスだって、自分(の魅力)を売る職業です。そのため自分(の魅力)を売る職業=元手がかからない=水=水商売となったそう。

とはいえ実際には店舗・酒・ドレスなどの物品もそうですし、トークスキル・笑顔など内面を磨かねばならない部分も多々あります。裸一貫でゼロからできる仕事かと聞かれれば、やや疑問点もあるでしょう。

しかしそれは現在の話であって、この語源が出来た当初はそこまででもなかったのかもしれません。料理や作品を売る仕事より元手がかからないのは事実なのですから、それなりに納得できる語源だと思われます。

水商売の語源④:休憩所を指す「茶屋」「水茶屋」が元祖だから

最後に紹介する語源4つ目が、昔のお茶屋さんからきているというものです。昔の人々は歩いて多くの距離を移動していました。そんな旅人が道中休む場所、休憩する場所が「茶屋」「水茶屋」と呼ばれたお店です。

時代劇などを見てみると、お茶屋の看板娘が団子を持ってくるシーンってありますよね?茶屋と看板娘は、昔から定番のセットだったそう。そしてお店によっては看板娘を目当てに来るお客様もいたのだとか。(幕府が風紀を乱すとして”看板娘”を禁止した事実もあります)

イヤホン 100均低反発 マットレス トッパー シングル(プレミアフィット2 S) ニトリ、これら全てが現在の水商売と同じ点です。

ただ水商売=キャバクラ・スナック等ではないため、ものすごく説得力がありそうなこの説も、正解ではないと言えるでしょう。なぜこんなにも相通じる語源を否定するのかは、水商売がどんな職業を指すのかを解説した次項をご覧ください。

水商売は人気に左右され収入の安定性がない職業全般を指す

そもそも水商売とはどんな職業を指すのでしょうか。これを知れば、上記で紹介した4つの語源の真偽がわかるでしょう。まずはWikipediaに書かれていたことを引用してみます。

水商売(みずしょうばい)とは、先の見通しが立ちにくく、世間の人気や嗜好に大きく依存し、収入が不確定な業種や職業、およびそうしたものに従事する人を指す日本の俗語である。

引用:(まとめ) エアコン室外機カバー/エアコンカバー 〔防水加工〕 配管ホース用スリット入り 〔×50個セット〕

いかがです?夜の仕事(キャバクラ・スナック)だなんてどこにも書かれていないですよね?おまけに”酒の提供”や”要接客”とも書かれていません。「思っていたのと違う!」と思われた方も多いでしょう。

スポーツ選手やアイドルだって水商売

みなさんがイメージする水商売も、もちろん間違いではありません。

  • キャバクラ
  • スナック
  • ラウンジ
  • ガールズバー…etc

これらも水商売に分類されるお仕事です。しかし本来の”水商売”と呼ばれる職業は、下記のものも含まれるのです。

  • 相撲力士
  • 歌舞伎役者
  • 女優、俳優
  • 歌手
  • アイドル
  • スポーツ選手
  • ライター業
  • 大道芸人…etc

このように人気に左右され、収入が安定しない職業すべてが水商売になります。これで冒頭言った「水商売=夜の仕事は間違った解釈」がお分かり頂けたでしょう。

またこれらの職業を見て、語源④の茶屋説もおかしいのがわかりますよね。芸人や力士が看板娘に結びつくわけがありません。語源④は水商売=夜の仕事が定着してから、後付けされた説だと考えます。

語源②の泥水稼業は風俗業の方が合っているのでないとして、語源③の元手がかからない説は否定しきれません。しかし水商売の意味が「人気に左右され収入が安定しない職業」なのであれば、語源①の「水=安定性に欠ける」が1番しっくりきますね。

水商売と風俗商売はまったくの別物|語源でわかる違い

水商売が夜の仕事と認識されているためか、たまに「風俗商売も水商売」と思われている方がおられます。しかし厳密に言えば風俗商売は水商売ではありません

確かに「人気に左右され収入が安定しない」のは同じですが、語源を見るとその違いが明確にわかるはず。水商売の語源を知ったあとは、水商売と風俗商売の違いを紹介しましょう。

風俗の語源は「日常生活の行為や習わし」を指す言葉

どうしても風俗と聞くといやらしいイメージが先行すると思います。しかし本来の意味の風俗は、「衣食住を含む日常生活の行為や習わし」を指す言葉です。例えば民俗学もそうですし、童謡や民謡も風俗なんですよ。

しかし1948年に風営法なるものが発足し、性風俗や賭博を悪として規制する法律が施行されました。これにより一気に風俗=性風俗のイメージが定着してしまったのです。風俗学の研究家たちにしてみれば迷惑極まりないイメージでしょう。本来であれば風俗とは私たちの生活での行為すべてを指す言葉なのです。

・水商売=人気に左右され収入が安定しない職業

・風俗商売=日常生活における行為や習わしを仕事にしている職業

このような違いがあります。これで「風俗商売は水商売ではない」の意味がお分かり頂けたでしょう。

風俗商売は2つある|「風商売」と「性風俗」

ではなぜ「風営法」なんて誤解されるような名称の法律ができたのでしょうか。それには風俗商売が2種類ある事実を知らねばなりません。それが「風商売」と「性風俗」の2つです。

【風商売】

  • ゲームセンター
  • IKEA MARKERAD WET GRASS ラグ Virgil Abloh
  • パチンコ屋

このような賭博を思わせるような業種を風商売と言います。もちろん風営法で賭博は禁止されているので、雀荘では”賭け麻雀”ではなく”プレイ料金”として設定されていますし、パチンコ屋も換金所と別業種だと主張しています。(パチンコ屋は出玉を文鎮に交換しているだけ・交換所はその文鎮を買い取っているだけという体です)

6台分【中古】 docomo ガラケー N704iμ

【性風俗】

  • デリヘル
  • ソープ
  • ヘルス
  • オナクラ…etc

これらの性的サービスを提供するお店は、すべて性風俗に分類されます。日常生活での行為すべてが”風俗”なので、その中でも”性”に関することだから”性風俗”【希少】マイクロタック 第2世代トーキョーフォン T61Ⅱ 1992年 実機

fitbit charge4 GPS搭載 Suica対応

【WEB限定】 Louis ギフトに最適 Vuitton 大人気 ブラスレ・ブルーミング ブレスレット サイズを選択してください:19

水商売と性風俗のもっとも大きな違いは性的サービスの有無でしょう。キャバクラやスナックではキャストへのセクハラはNG行為だと認定されているのに対し、風俗店では”それ”を目的として運営されています。

また飲食の提供がない点でも違います。水商売では水(酒)を提供する場であるのに対し、性風俗店ではお客様自身の持ち込みすらNGにしているお店も少なくありません。お客様が来店される目的も、提供されるサービスもまったくの別物なのです。

【Sunnieさま専用】Buly 香水 ユイル・アンティーク チュべロ

現在では、夜の仕事のイメージで定着している水商売。その水商売の中でも、業種別の語源を知りたくはありませんか?最後に知っているとキャストとの会話が弾むかもしれない、5つの業種別語源を紹介しましょう。

①キャバレーの語源

今の時代”キャバレー”と銘打って営業しているお店はあまりありませんが、キャバレーはフランス語の「cabaret」からきています。「cabaret」はダンス・歌・トークショーなど、パフォーマンスと食事を楽しむお店のことです。

日本では1960年代に大流行しました。ダンスホールでホステスと踊ったり、お酒を楽しんだりしていたのです。それがフランスの「cabaret」と同じような業務形態だったため、そのままcabaret(キャバヘ)=キャバレーと呼ばれるようになりました。

[ミドリ様専用] NOVATION Circuit グルーヴボックス

英語の「club」ドラゴンボール カードダス ジャンプ当選 他

他にも鹿鳴館での「東京倶楽部」はあまりにも有名ですね。その中に「社交クラブ」なるものがあったのですが、それがどんどん派生して、現在の高級クラブへと繋がりました。クラブにはちょっと高級なイメージがありますが、語源を知ればなるほど納得です。

新装版アバラ ABARA

上記で紹介した「キャバレー+クラブ=キャバクラクラブ(キャバクラ)」が語源だとされています。今現在も水商売の代表格として人気があるキャバクラですが、元は1980年代半ばのバブル真っ盛りに最盛期を迎えました。

1991年にバブルが崩壊し一時期は下火になりましたが、1993年にその影響が落ち着きだしたころ、再度需要が増し、現在の地位を確立しています。最初から”女性とお酒を楽しむ場所”とする形態は変わっていませんが、バブル崩壊前は今よりもっとセクハラにもおおらかだった、なんて話もありますね。

④スナックの語源

キャバクラよりも年上の女性が接客する水商売といえばスナックです。こちらの語源は、英語の「snack bar(スナックバー)」からきています。軽食(スナック)を提供するバーです。確かにスナックではフードメニューが多い傾向がありますね。

今現在はカウンター越しにしか接客しないスナックもありますし、ボックス席があるお店もあったりとさまざまです。いずれにせよ”ママ”と呼ばれる女性がいるのが特徴でしょう。地方ではクラブにも負けない高級スナックも数多くあります。

⑤ラウンジの語源

ラウンジの語源は、英語の「Lounge(ラウンジ)」からきています。ただここで言うラウンジは、決して水商売を指す言葉ではありません。ホテルのロビーのような休憩所・待ち合わせ場所を指す言葉です。他にも自宅のリビングもLoungeと呼びますね。とかくリラックスできる場所=Loungeです。

英語の意味の「ゆったりとくつろげる場所」を目指してつけられたのが、日本のラウンジです。確かにラウンジの多くはキャバクラとは違い、大人な落ち着いた雰囲気が多い印象ですね。

森伊蔵720ml 金ラベル 高島屋2月末購入品 ギフト

4つの語源が存在していた水商売。最後にその4つをおさらいしてみましょう。

1:”水”は安定性に欠けるものだから

2:昔の芸妓や遊女を「泥水商売」「泥水稼業」と呼んでいたから

3:「水=元手がいらない」商売だから

4:休憩所を指す「茶屋」「水茶屋」が元祖だから

しかし水商売の本来の意味は「人気に左右され収入が安定しない職業」なのですから、こうして見てみると①番がもっとも適した語源のように感じますね。

他にも風俗商売にも2種類あったことや、水商売の業種別語源5つを見てみると、その成り立ちがわかって非常に興味深いものがありました。ぜひ今回ご紹介した語源ネタで、お店で盛り上がってみてくださいね。

MM6 ニットコート ダッフルコート

◆フェンディ◆BAGUETTE バゲットブレスレット ゴールドカラー

回数券 養老温泉 韓国式サウナ■シンワ レーザーロボ LEXIA 31 グリーン 受光器・三脚セット 70853(2433720)

GUCCI 人気アイテム タイガープリントGGスプリームウォレット
タイトルとURLをコピーしました
WWW.JOSEPHBRIAIRE.COM RSS